金と黄の違いとは

IMGP1432_ _-.hdr IMGP1431
左上は実家より持ってきた”金色”の気圧計(HDR)。
右上は今日行ってきたミロ展のチラシ。
こういっては失礼かもしれないが精神年齢的に親近感を覚える(笑)

IMGP1442 output
ミロに影響を受けて芸術的作品をと挑戦したのが”黄色”の「みかんの塔」
5個はどうしても出来なかった(笑)
お隣はライターの炎をコンポジット合成した写真。
うーん。ミロ様には到底及ばじ・・・。

IMGP1440 無題

今日のランチのラーメン。ハルキーに似た名前の。初取材。
この大きなチャーシュー厚みもすごい!麺大盛り無料らしい、してもらえば良かった!
F1000001

さて、タイトルにした、金と黄の違いについて。
金色という色は何なのかとある雑誌で読んだ。
すると金色は色的には黄色であるというのだ。
では、金色を金と認識させるのは何か?
それは、その表面に映る周りの色や光であったり、自分であったり。
つまり、金色というのはそれ自体だけではただの黄色であり、
周りを写し込んで初めて表現される色だということだ。

ミロは世界は4色でできていると言ったとか言わなかったとか。
この世の中、そして身の回り、複雑に考え過ぎではないだろうか・・・。
そう意外ともっと単純なのかも。

仕事は、イタリアで働いていた人が手伝いに来てくれたり、
自分も来月あたり中国に出張できそうだしと新たな展開。
お客さんに1人で行けとの至上命令。
ここ最近ずっと暇だったけど、刺激がありそうでやる気が出てきたぞ!

広告

金と黄の違いとは」への10件のフィードバック

  1. ラーメンのチャーシュー大きいね。
    麺の玉の追加が無料んおかな?

  2. こんばんは☆
    「芸術家キースさんの巻」ですね。
    みかんタワーは4個でも難しそう!
    チャーシュー食べ応えがありそうーー。
    そうかー、黄色と金色…ひらがなも似てる(笑)
    今年はお仕事でも更なる飛躍! 頑張ってくださいー(^▽^)

    • Misaさんへ
      ミカンタワーぜひ挑戦してね!
      ”き”という言葉にはあの雰囲気があるのかもね??
      どうもありがと~

  3. おはよう\(^o^)/
    キースさんは芸術に挑戦したのね(^0^)パチパチ
    色には色の3原色と光の3原色があると聞いていたけど、
    ミロによると世界は4色で出来ているとはいろんな説があるのね。

    • 昔の乙女さんへ
      三原色詳しいんだね!
      古来日本は青、赤、黒、白の四色が全てだったって
      説聞いたことあるよ~

  4. あ、この店、ハルちゃんにも名前が似ているね(笑)
    私はチャーシューがトロトロなのが好きなのですが
    これは噛みごたえがある感じですか?
    大盛り無料ってのはいいですね!!
    金色って良く考えたら不思議な色かも~。
    ミカンがあったら私もタワーに挑戦してみようかしら(笑)

    • azusaさんへ
      そうだよー、ハルキーとハルちゃんが似てるからね~
      このチャーシューは噛み応えある方だったよ!
      ミカンタワー挑戦者求むよ~!

  5. みかん、よくのってるね!
    炎も綺麗。
    大きいチャーシュー!!美味しそうだね(^u^)
    金と銀って写真に撮れないんだよね。
    そう思うと金と銀は光ありきなんだな、って思うよ。

    • 洋子さんへ
      炎に触れてくれてありがとう!
      金(黄色)と銀(灰色)があるなら、
      青系や緑系に対応する表現もあってもいいのにね~

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中