2011年末お伊勢参りの旅【お宮編】

IMGP1263_1_2.hdr
内宮(撮影はここまで)

正月休みは神社の総本山ともいえる伊勢の神宮を参拝。
通称伊勢神宮と呼ばれるが、神宮と言えば伊勢の神宮の事を指すから、
正式には「神宮」なのだそうだ。
ここ伊勢市は古来より神都と呼ばれたくさんの神社が点在している。
神宮においても日本古来の神を祀る「内宮」と農業の神様を祀る「外宮」と分かれ、
広大な敷地とそのスケールに圧倒された。

まずは習わしに従い外宮から参拝。
IMGP1231 IMGP1245_3_4.hdr
社は至って質素に見えるものが多い。だけどこれが日本人の心の源なんだと感動する。
そして、外宮の御祭神を参拝。礼儀正しく礼をするたくさんの参拝者達。
ここが観光地ではなく神聖な場所であることを認識する。
IMGP1234_5_6.hdr IMGP1237_8_9.hdr
外宮(撮影はここまで)

外宮からはバスに揺られ内宮に移動。
五十鈴川に架かる橋を渡り境内へ。そしてトップの写真、内宮の御祭神を参拝。
大木から何かを感じ取る人々も多く見た。
IMGP1254_2_3.hdr IMGP1258_59_60.hdr IMGP1272_0_1.hdr

こちらは内宮にある新しめの建物。
IMGP1273_4_5.hdr IMGP1283_1_2.hdr
幾千年の歴史があり日本を象徴しているかの神宮。
ずっと昔から20年ごとに社を建て直す。
ずっと昔からの決まりごとを今でも守っている。一度も欠かしたことがないという。
古きよきものを保存する方法には色々ある。一見建て直しは保存してないように思えるが、
建築技術はしっかりと受け継がれるはずだ。

境内で神宮の馬に出会う。立派な鯉もいた。
IMGP1276 IMGP1277 IMGP1284

日本の伝統的な眺めはやっぱりいいなぁ。
IMGP1285 IMGP1288 IMGP1291

その後は、歩いて伊勢市駅まで向かう。途中、猿田彦神社を参拝。趣ある時計か方位を示す石柱か。
IMGP1305_3_4.hdr IMGP1309_10_11.hdr

こちらは、神宮徴古館。休みで中には入れなかったが再度訪れたときには是非入ってみたい。
IMGP1313_4_5.hdr

広告

2011年末お伊勢参りの旅【お宮編】」への4件のフィードバック

  1. あけましておめでとうございます。
    お伊勢さんに行ってられたんですね。
    神宮徴古館、ずいぶんモダンな造りなんですね。

    • 今年もよろしくね~
      神宮徴古館は神社とはまた違った雰囲気だね。
      異質な感じだけどそんな所に引かれたよ!

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中