乗馬に初挑戦で脱輪!

IMGP0597_8_9.hdr
本日は車検に出していたグリちゃんを引き取りに行ってきた。
一応消耗品の交換で無事帰ってきてくれたが、
車検場より夏場エンジンが高音になった時に一旦エンジンを切り、
再度かける際、かかりにくい症状が出る可能性があると言われたそうだ。
そんな時は、エンジンを冷やすとリスタートできるそうだ。

こうやって綺麗に洗車してもらうとピカピカ新車みたい!
レトロな雰囲気をかもしだすまでマダマダ乗れるぞ!
F1000003 IMGP0603 F1000005
洗車の写真はコイン洗車場のウォータガンで代車のタイヤを洗浄している所。この件についてはまた触れる予定(笑)
プジョーよりおみやげにおフランス石鹸を頂いた。
クローバーの発芽観察は、なんだかすごいことに!生命の神秘を感じるね!
———————————————————————————————————————-

IMGP0591_2_3.hdr F1000001 IMGP0596
時は一日さかのぼり、昨日の出来事。思い返せば色々あった。
まずは、野木町にある煉瓦作りの建物
7月に訪れた煉瓦窯遺跡で作られた煉瓦を使って現在残る唯一の建物だそうだ。
このブログに紹介されるように、主が丁寧に建物を紹介してくれた。
展示や紹介パネルも丁寧に作ってありとても個人で管理されているとは思えない出来。
説明に集中し写真を撮る余裕もなく外観のみの撮影となった。
さらに、この後に予約済みの乗馬体験が待っていたのも一理。

悪いとは思いつつも、おじさんの話を遮り乗馬の予約があることを告げる。
すると乗馬クラブの担当者も顔見知りのようで、スースーと話が通じた。
何せ、乗馬クラブは例の煉瓦窯の隣(笑)
また来てねととても親切な方だった。

そして見送ってもらい畑の中を車を走らせている時に事件発生。
垂れ下がった枝を避けようと車を路肩に寄せた所、
そこはぬかるみで、代車脱輪!
おーどんなにアクセル踏んでも空回り。おいらはおどおど。
そんなときでもハルキーは冷静だ。
色々提案してきてその一つの案、自分が後ろか押し、ハルキーは運転係の役割分担で、
なんとかぬかるみを脱出できた。
ぬかるんだ畑は少し耕してしまった。ごめんなさい。
というわけで、本日はできる限り洗車して代車を返した。
営業マンにもそのことを告げ謝ると、
笑って「いいのいいの」って感じで対応されホッとしたのだった。
無題9 画像出典

話は昨日に戻り、おかげで乗馬倶楽部には数分の遅刻で間に合った。
オーナーと思しきお方も、このようなド素人に対し親切に対応してくれた。
ふたりとも、例のぬかるみ脱輪で靴は泥だらけ、おいらに限っては靴下も泥付きだった(笑)
早速、乗馬用のブーツとヘルメットも貸してもらい、
この日は雨だったので、室内馬場へ!
おいらは、ルクールブラン、ハルキーはモックという
そしていよいよ騎乗。早速馬の操り方を教わる。
お腹を両足で挟むように叩くと前身、手綱を引くと止まれ。
手綱を右だけ引くと右に曲がれ、左折はその逆。
おいらの指示をしっかり聞いてくれた馬!感動感激だった。
どんな馬でもそのように躾けられてるので、
自分の馬とか限らず慣れた騎手ならどの馬でも操れるそうだ。
ちょっと不思議な感じだね。
だけど、これはいわゆるブリティッシュ式の躾なんだと思う。
古来日本にも独自の躾があったろうし、アメリカウェスタン然り、
モンゴル騎馬隊然り、細かい躾は多分違うんだろうね。
ちなみに現代の時代劇に登場する騎乗シーンは、
ほとんど西洋式なんだそうだ(笑)

無1題 画像出典

インストラクターも外見は厳しめなお方、だけど色々教えてくれたぞ。
馬がとても臆病なこと、ちょっとした刺激で暴れることもあること。
例えば、当日は馬の目の前で傘を指すことも注意された(笑)
馬は視界が350度あるけど真後ろだけは見えないので、
気配を感じたら蹴り上げてしまう習性があるって話。
耳が寝ている時はイライラ、耳が色々な方を向いているのは興味津々。
一方を向いているのは、その方向を注意しているとのこと。

良い体験だった。今回は、初心者向けの無料体験。時間はあっという間。
もしも使え切れないほどの時間とお金ができてしまったら(最近そればっか)、
牧場を買って、馬を飼育しのんびり暮らしてみたいなぁと妄想してみた(笑)

その後は、インド料理店でランチ。接客も丁寧でナンももっちりで美味しかたぞ。
ベルばら40話全て見終わった記念なのか?帰りにバラ展に立ち寄った。
結構刺激的な週末だったなぁ(笑)

———————————————————————————————————————-
突然だけど、孔子の言葉を思い出した。
何せ最近優柔不断に拍車がかかっているからだ。
歩くとき右足を先に出そうか左足を先に出すべきかで迷ってる感じ(笑)
これは毎年秋に現れる症状だ。

子曰く、「吾 十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、
六十にして耳順い、七十にして心の欲する所に従いて矩を踰えず」。

40歳で心に惑いが無くなるかなぁ?50歳で天命を知れるかぁ。
60歳で動揺しなくなる? おいらは孔子でないから無理か~、だけど心に止めておきたい言葉。

あと、若干という言葉についても調べた
よく「じゃっかんはたち」と聞くが、これも論語由来かと思っていた。
だがこれは間違い、漢字も若干では無く弱冠。
若干は「少し」の意味
弱冠は「20歳」の意味
ということだ。
———————————————————————————————————————-
久々に妄想話も考えたぞ。

18世紀に身分差別が無くなり、
20世紀に男女差別もなくなった。
現在、経済格差が叫ばれ近い将来それも無くなる。
次に来たのは、動物界の差別。生類憐れみの令再発行で
動物を食べることができなくなる。
最終的に生物全体の差別が無くなり、
人類は合成サプリのみで生きていくことになっちゃった。(終)

無題 無 画像出典

もう一つお話。

実は人類は大昔太陽に住んでいた。
その頃は、月が燃えていて太陽を温めてくれた。
しかし突然月の燃料が尽き、
結論として、今後は資源豊富な太陽を燃やし、
人類は地球に移住することになった。
その頃の記憶が当初天動説をギリシャの哲学者が唱えていたことにつながる。
また、地球に移住が完了し、実際に太陽を点火する方法というのが、
巨大な火の付いたロウソクを地球から放ったというもので、
この記憶がイカロスの伝説となり現代に伝わった。
っと語る私は先祖代々太陽の火が消えないように監視する役目を授かった男。

もう少し話を大きく壮大にしたいけれど、想像力が乏しいんだなぁ(笑)
———————————————————————————————————————-

このように独り言?が多い時は精神的にも不安定なんだろうと思う。
グリちゃんも帰ってきたし、馬にも乗ったし、ベルばらも見終わったしで軌道修正を図りたい今日この頃だ。

広告

乗馬に初挑戦で脱輪!」への8件のフィードバック

  1. こんばんは☆
    私赤ちゃんのときに、一時的に野木に住んでいたことがあるんですよ。
    父が転勤族だったので、いろんなところに引越したんですが、
    残念ながら野木の記憶は赤ちゃん時代なので全然ナシ・・・
    こんなにすてきな建物もあるんですね♪
    私も一度だけ乗馬をやったことがあります。職場の福利厚生で、
    すごく安くできたんです(確か800円ぐらい)
    乗ってみたらすごく高くて、ちょっと怖かったけれど、
    にんじんをあげたり、なでなでしたら、とてもかわいい馬という動物に
    惚れちゃった感じでした(笑)
    キースさんの夢・・牧場を持ったら、私も遊びに行きますね♪

    生物全体の差別がなくなったら・・・サプリで生きていけるならそれで全然いいかなって
    思ったりもします。
    争いばかりの世の中よりも、みんなが幸せになれそうだもん。。。

    季節の変わり目ですから、体調や精神的にも少し疲れが出るのかな。
    私も毎日ちょっとダルいです。。。
    お互いからだに気をつけて過ごしましょうね。
    今のところ、美味しい食べものは制限なく食べられますしね(^-^)

    • 野木は栃木だけど東京に近いせいかあまり栃木っぽくない印象だよ。
      夢のキース牧場ぜひ遊びに来てね!
      まわりは風邪ひきさんが増えてきたし、体調には注意したいね。
      美味しいものたくさん食べて乗り切ろう!

  2. 今回はなんだかいろいろ書いてますね!
    珍しく長い記事だわ(笑)
    不安定でいろいろ考えちゃうと、書きたいことも
    たくさん出てきますよね。
    なんか出来事もいろいろ起きてるようですし(笑)
    脱輪はびっくりでしたね。
    だけど一人じゃなかったから脱出できたのかも。
    それに車を壊してしまったわけではないし、
    アクシデントではあったけど、そんなに悪いことでもない気がします。
    クローバーはこれからどうなるんだろうな~。

    • そうなんだよ。長文なんだよ!
      精神的に不安定だとちょっとしたことでも対応できなくてね(笑)
      冷静に考えると大したことないかもね。
      クローバーは冬眠体制かな~???

  3. 出来ごとも精神生活も盛りだくさんな秋だね。
    お話、超ショートだけどやっぱり発想が面白いよ。

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中